小児矯正について

最初にご相談いただくベストなタイミングや、小児矯正治療のメリット、
それぞれの治療についてなどをくわしく知りたい方のために。

うちのコは大丈夫?

健康に対する意識が高く、お子様の歯みがきチェックや仕上げみがきをしっかり行っている方でも、多くの場合、大きく開けた口内しか確認されていないことは多いものです。ところが矯正治療がどうしても必要な不正咬合は、かみ合わせを見なければわかりません。

そして明らかなケースを除き、ほんの少しのズレやゆがみは眼で見るだけでは見つけることができないのです。そして、乳歯の時にはきれいな歯並びに見えていても、永久歯はサイズが大きいのでズレやゆがみが大きくなることも少なくありません。できるだけ抜歯などを避けた小児矯正治療をお考えでしたら、特にトラブルがあるように見えなくても、ぜひ早めにご相談ください。

小児矯正歯科治療の重要性

あごの大きさをコントロールして大切なかみ合わせの基礎作りが可能なのは、成長期のお子様だけ。ですから、この時期の矯正治療は成人に比べて無理なく、効率よくおこなうことができるのです。

不正咬合は自然治癒することはなく、放っておくとあごの骨が曲がってきて顔貌が歪んだり、よりひどい不正咬合に進んだりすることもあります。上あごは早い時期に成長しはじめるので、少なくとも前歯が永久歯に生え変わった小学校1~3年生頃に受診しておくと安心です。

また、お子様の中には、永久歯が1本から数本、生えてこないケースも増えています。空きスペースを埋めようと歯が動いてしまうため、歯並びが乱れる原因になります。これは検査したことではじめてわかることがほとんどです。

こんな時にはご相談ください

反対咬合

いわゆる受け口です。

発音や咬む力(咀瞬機能)に影響を与えるばかりでなく、これを放置していると、将来あごを切る手術をしないと治らなくなる場合もあります。

開咬

舌の突出(舌癖)などにより、前歯がかみ合わない症状です。

咀嚼能力や発音に悪影響を与える不正咬合です。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

前歯が出た、いわゆる出っ歯です。

口が閉じなかったり、前歯の破折といった事故が起こりやすくなります。

歯並びが悪いとどのような症状がでるの?

不正咬合では、いわゆる出っ歯や受け口など顔貌に独特の印象が現れます。また、あごの位置がずれることで、顔全体がゆがむ場合もあります。こうした不正咬合は放っておいてもよくなることはなく、逆にどんどん悪化していくケースが珍しくありません。

歯並びが悪いことで現れる症状のほか、舌の位置が正しくない、指しゃぶりをするなどの悪習癖によって歯並びが乱れることもよくあります。前歯がかみ合わず口が閉じないケースはまだわかりやすいのですが、奥歯がかみ合っていない場合は歯科医院で調べてもらってはじめてわかることがほとんどです。

不正咬合のお子様の中には、鼻呼吸がうまくできず、口呼吸を行っているケースがよくあります。口呼吸は口内の環境を悪化させますし、喉が細菌やウイルスにさらされやすいので早めに治してあげることが重要です。

TEL:0120-775-182